愛犬たちがいるから・・。彼らが教えてくれること

すっかり朝晩寒くなり、冬らしくなってきた。昔は冬になると、誰かと一緒にいても理由なくすごく孤独な気持ちになったけど、愛犬たちと過ごすようになってからそんなことが殆どなくなっている。

昨日の夜は、愛犬ゴールデンレトリバーティラ&ボーダーコリーラテ、パートナーと一緒に少し遠くまで夜景を見に。二足歩行はホットミルクティーを飲みながら、地面に座ってみんなで暫し夜景と星の観察。


日中は、お庭で日向ぼっこをしながらまったり。ちなみに、ティラが咥えているのはパパの臭いサンダル・・。こんな何でもない時間が、すごく穏やかな気持ちにさせてくれる。

そして、昨日の夜の愛犬ドーベルマンおはぎは、またまたホームセンターで社会化。ついでに、寒くなってきたので、お犬たちのクッションや毛布を買いに。みんな大きいので、人間用を購入。犬用の方がどう考えても価格が高いものが多いので・・。

「もうすぐお正月でしゅよ~!」。一年が過ぎるのがめちゃくちゃ早い・・。去年は、愛犬バーニーズマウンテンドッグちょことティラ、ラテと一時預かりをしていた柴犬と年を越した。今年の年末は2頭だと思っていたけど、嬉しいことにおはぎと出会えたので、また賑やかな年越しになりそう!


ともあれ、今日の朝。お犬たちの水入れの水が氷に!!寒いわけだ!!結構分厚い氷ができていた。朝は庭でボールをしてから、近くの公園まで歩いたおはぎ。近いといっても、歩いてみたら案外距離があった・・。

だだっ広い公園に着いてからは、ロングリードでお散歩。色々なものに興味を示して色々な場所に行くけど、しっかりママを意識して行動していたので安心。「あんまり離れると不安でしゅ~!ママが迷子になったら困るでしゅ~!」。

今日も朝から結構な運動量。といっても・・最近は社会化のためのお出かけもあって夜の散歩は1時間満たないし、日中は庭でトレーニングをする程度なので、朝はしっかりと運動!!おはぎはブランクが大きいので、睡眠時間をしっかりととった上で、体と頭、精神をバランス良く鍛えられるような生活を目指したい。


今を生きることだけに懸命なお犬たち。毎日彼らが私に「生きること」について教えてくれる。人と関わり合うのが極度に苦手な自分でも、彼らがいるから社会との接点を持つことが出来る。本当に愛犬たちなしでは成り立たない生活。

ありがとう!!でいっぱいの毎日。私も彼らみたいに、きれいな生き方ができると良いな~!!なんて考えた一日でした。人間である以上彼らみたいに生きるのは不可能に近いけど、永遠の自分の生き物としての理想像が犬という生き物なのだと思う。



【ドーベルマンおはぎブログ】

※犬のしつけ方法や飼い方は、飼い主の考え方や犬の性格、家庭環境、これまで犬が育った環境や、先天的(遺伝子的)なものなど、様々な要因により異なります。ご了承のほどお願い致します。

©犬の情報配信サービス BOWWOW Info.

ドーベルマンおはぎ、先住犬たちとの顔合わせに悩む

ドーベルマンおはぎ、我が子になって2週間が経過。愛犬ブログがおはぎの育児ブログ一色になってしまいましたが・・。愛犬ゴールデンレトリバーのティラとボーダーコリーのラテも、元気に毎日を過ごしております。ラテに関しては、癲癇発作も薬(キャパを上げる薬)でだいぶコントロール出来ており、股関節形成不全は引き続き痛みの緩和ケアで様子見。

ゴールデンレトリバーのティラは、少し前に口腔内の出来物でヒヤッとしたが、良性の線維肉腫(診察時はエプリスの可能性が高いといわれていたが、病理検査の結果良性の線維肉腫だった)で、とりあえずは安心。出来物は切除してしまったので、今のところティラは超健康優良児!

で、新たな家族ドーベルマンおはぎと先住犬2頭の顔合わせ・・、未だ悩み中。というのも、前々からブログを見てくれている人はご存じかと思うが、ゴールデンレトリバーのティラはラテ以外の他犬に狂暴になってしまい(色々な訓練士に相談したが先天的なものだとか)、ボーダーコリーのラテに関しても同じく噛む危険性が高い&超神経質で重度の癲癇持ちなので・・。

そもそも、おはぎを迎え入れると決めた時点で、「3頭仲良く」でなくても良いとも考えていた。同じ愛犬でも、運動が好きな犬もいれば、嫌いな犬も。お出かけが好きな犬もいれば、嫌いな犬も。

飼い主と住み慣れた環境で過ごすことが一番幸せだと感じる犬もいるし、刺激の多い生活を好む犬も。ちなみに、今は亡き愛犬バーニーズマウンテンドッグは、飽き性で違う場所へのお出かけ&他人と会うことが大好きだった。

ともあれ、顔合わせ。悩んだ挙句、一応少し前から柵越しでチャレンジ。ゴールデンレトリバーのティラは、かなり興奮気味。ボーダーコリーのラテは、ちょっとパニックで発作が出そうだったので途中で中断。おはぎは・・、仲良くなりたそうにジャンプしていたが、吠え返さずに静かにしていた。

今から共同生活をさせるのは先住犬たちにとっては負担になるかもしれないが、少しずつ少しずつで良いから慣らしたいと思ったり、無理をさせる必要はないと思ったり・・。せめて、散歩の距離(運動量)は違うにしても、ある程度の散歩が一緒にできると嬉しいなぁ・・なんて母としては感じたり・・。

過去を遡ると、愛犬バーニーズマウンテンドッグちょこが一番最初に我が家で生活をしており、そこに悪徳ペットショップから保護したティラが家族に加わる。その後ラテが家族に加わり、バーニーズマウンテンドッグちょこがボス的存在。彼女が取りまとめをして若いうちから毎日一緒にいたから、3頭の生活が成り立っていたのかもしれない。

とりあえずは、少しずつ少しずつ慣らす予定で・・?我が家の場合は、私が常に自宅にいるだとか、自宅の構造を中心に様々な環境的側面、時間的余裕で考えると、3頭が仲良くならずとも何ら問題ないのだが・・。

ただ単純に、飼い主が可愛い我が子3頭連れて、みんなでお散歩に行きたい!という願望があるだけなので・・。少し彼らの様子を見ながら、何よりお犬たちに過度な負担がかからないよう考えよう・・。まぁ、いずれにせよ、3頭それぞれが皆幸せならそれで万事OK!!かな。

全く関係ない話になるが、我が家の天才犬おはぎ(親バカ)。夕方のお庭トレーニングの時に何かを見つけて、私のところに知らせに来たのだが・・。行ってみると、そこにはひっくり返った大きなカエル。相当大きなカエルが上向きにひっくり返っているという・・。

悲鳴をあげながらも、おはぎが得意げな顔をしているので十分褒めてあげて・・。ダッシュで室内に避難。パートナーが帰宅してから様子を見に行かせると・・いない!ひっくり返ってベターッってなってたから、死んでるのかと思ったら死んだふり??カエルも、ドーベルマンには恐れをなしたのか。


【ドーベルマンおはぎブログ】

※犬のしつけ方法や飼い方は、飼い主の考え方や犬の性格、家庭環境、これまで犬が育った環境や、先天的(遺伝子的)なものなど、様々な要因により異なります。ご了承のほどお願い致します。

日の出とともに起きるゴールデンライオン丸たち

前々から続いている金縛り(睡眠麻痺)。金縛りによる死に対しての恐怖を感じ、なかなか眠れない日々。眠れたと思っても、また金縛りで目が覚めて怖くなり起きて・・の繰り返し。でも、熟睡している愛犬たちにそんなことは関係なく・・日の出とともに母を起こしてくれる。どれだけ寝るのが遅くなっても強制的に起こされるので、生活リズムが狂わなくて有り難いことではあるが・・。

そして、我が家の二足歩行もよく眠れた様子。寝グセがなんとも・・。朝のお散歩ではご近所さんのお犬たちに出くわして、ボーダーコリーのラテが若干パニックに。とっても過保護なパパは・・ラテをお家の庭まで抱っこ・・。ここは人が少ないド田舎だけど、お犬好きが非常に多い別荘地。大抵の家庭には犬がいるのです。とても穏やかな人たちばかりが集まっている地区。

さておき、姉に「ライオン丸」と呼ばれている愛犬ティラ。朝撮った写真を見て「なるほどな」と一人笑ってしまった。本当にライオンの赤ちゃんみたい。一応歴としたゴールデンレトリバーです。朝からテンションマックス。梅雨が明けてカラッとしていて、尚且つ朝方はすごく涼しい。愛犬たちには絶好の運動日和。生き生きとした表情で走る姿を見るのが最高に幸せ。しかしティラくん、前肢はそんな開いていてよいのか・・?

お気に入りのボールを抱えてひと休憩。お嬢(愛犬バーニーズマウンテンドッグ)が天使になり、取り残されたみたいな感覚がひどく落ち込むことが多い日々。だけど、残された愛犬たちとのこんな穏やかな毎日が一日でも長く続いたらいいな。来週は愛犬&愛猫たちの定期健康診断。お猫(心筋症)が病院に連れて行くとストレスで口呼吸になってしまうので、往診でできる検査はお犬たちも一緒に往診で。今日も一日頑張りましょう。


お犬とシモベの生活 - にほんブログ村

取り残された兄弟たち Vol-3

ちょこのお体が見えなくなって、寂しくて悲しくて苦しいのは私だけではない・・。ティラ(ゴールデンレトリバー)とラテ(ボーダーコリー)にも変化が・・。愛猫たちも・・。

ティラはもともと甘えん坊だったけど、さらにエスカレート。ママに触っていないと不安で仕方がない様子。パパっこのラテは、パパにべったり。だけど、今までついてこなかったトイレについてくるように・・。

ちょこに頼まれたかのように、必ずママのトイレについてきて体を擦り付ける。ちなみに、左の尻尾はちょこと一番仲が良かった愛猫ムウ(アメリカンカール)。「パパのトイレは臭いからついて行かないでしゅ~」by ラテ。

ママがトイレに行くとき、ムウはちょこと競ってトイレに入ってきた。「猫は身軽でずるいでしゅ~!」。ちょこも、ムウに負けずと急いでトイレに入ってきたな・・。今もきっと、ムウと一緒に小走りでついてきてるはず。

そして庭ランでは、ティラとラテにママを譲るかのように、少し離れた場所で見ていることが多かった。「アタチはママと2人になる時間があるから、お庭では2人にママを譲るでしゅ~」。

もともとマザコン犬だったティラ。ここ数日は、何にも興味を示さず病的にママにくっついて歩く。不安で寂しくて仕方ないんだよね。ママも同じだよ・・。ちょこに頼まれたのもあるかな?「アタチは体で触れることができないので、ママに触れてあげてでしゅ~」。

これから時間がかかるかもしれないけど、皆で一緒に癒し合い、慰め合いながら乗り越えて行こうね。ちょこは、いつでもティラ、ラテ、ムウ、ミウ(スコティッシュフォールド)、モカ(トンキニーズ)の傍に一緒にいるから大丈夫だよ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボーダーコリー 手ぬぐい
価格:2200円(税込、送料別) (2020/5/2時点)


にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村