犬の年齢の数え方は?人間との比較など

目次

1、人間と犬では年齢の数え方が違う?
2、犬のサイズによる年齢の数え方
3、人間年齢と比較する方法
4、犬の平均寿命は?

犬の年齢の数え方については様々な方法があり、専門家によっても見解が異なります。
犬に関してはサイズを中心に個体差が非常に大きく、住民登録や死亡届出がある人間とは異なるため正確な平均寿命を細かく知るすべがありません。
そのため年齢の数え方も不明確ですが、平均寿命目安から考えて人間に換算した年齢目安を知っておくことは、犬のライフステージに合わせた飼育をするために非常に大切です。

今回は、犬の年齢の数え方を中心にご紹介致しますので、是非愛犬の人間年齢を知るためにご活用ください。

1、人間と犬では年齢の数え方が違う?

我が国の平均寿命が男性で81.25歳・女性で87.32歳(厚生労働省2018年データ)であるのに対し、犬の平均寿命は13歳前後だといわれています。
平均寿命からも分かるように、人間と犬では寿命も大きく異なり年齢の数え方も異なります。

2、犬のサイズによる年齢の数え方

・犬のサイズによって年齢の数え方は違う?
犬のサイズによって年齢の数え方は異なり、全てのライフステージを平均的に考えて小型犬の1年は人間の約4年、大型犬の1年は人間の約7年が目安です。
ちなみに、犬のサイズによる年齢の数え方・歳の取り方は正確には2~3歳程度から差が出てくるようです。

・犬のサイズ別、年齢の数え方の特徴
犬種によって年齢の数え方に違いは生じるものの、基本的に小型犬や中型犬は子犬期のライフステージの歳を取るスピードが早いのが特徴で、成犬以降は穏やかに年齢を重ねていくと考えられています。
大型犬に関しては、小型犬と比較して子犬期のライフステージの歳を取るスピードが緩やかなのが特徴で、成犬以降は早いスピードで歳をとると考えられています。

3、犬の年齢の数え方、人間年齢と比較する方法

・犬の年齢の数え方には多くの計算方法がある
犬の年齢を人間の年齢で考える場合、多くの説があるため計算方法は様々です。
そこで、ここでは一般的な計算方法をご紹介致します。
<犬の年齢の数え方 計算方法1>
犬の生後1年を人間の17(~18歳)と考え、以降は1年で4歳加算するという計算方法
例|6歳の犬の場合: 17 +(5 x 4)= 37歳
<犬の年齢の数え方 計算方法2>
犬の生後1年を人間の17(~18歳)と考え、以降は1年で4.5歳加算するという計算方法
例|6歳の犬の場合: 17 +(5 x 4.5)= 39.5歳
犬のサイズ別の年齢の数え方>
犬の生後1年を人間の16歳、2年目を24歳として、以降は小型犬は1年で5歳加算、中型犬は6歳加算、大型犬は7歳を加算するという計算方法
例|6歳の大型犬の場合: 24 +(4 x 7)= 52歳

・人間の1年は犬の7年?
昔から犬の年齢を数えるときに人間の1年を犬の7年と考え、単純計算で「犬の年齢 x 7」で人間年齢に換算する考え方がありますが、これは中型犬の平均寿命が当時の人間の飼い主の7分の1程度であったことから生まれました。
犬の年齢の数え方は、平均寿命を考慮すると同じ犬であっても犬種別個体差が大きく、ましてや現時点では犬の平均寿命も人間の平均寿命も大きく延びています。
そのため、人間の1年を犬の 7年として算出する方法はあまり参考にならないと考えた方が良いでしょう。

4、犬の平均寿命は?

・全犬種で考えると13歳前後
犬の平均寿命は人間と異なり詳しいデータを取るのが非常に難しく正確には分かっていませんが、様々な調査結果では犬の平均寿命は13歳前後ではないかと考えられています。
また、日本獣医師会HPでは、犬の平均寿命が15歳前後まで延びたとの報告もあります。

飼い主の意識変化によって犬の平均寿命は15 歳前後になり,心臓病,代謝,ホルモン,腫瘍等が早期診断,早期治療でコントロールされてきた

日本獣医師会HP:家庭動物(犬 猫)の高齢化対策に関しての解説・報告記事

犬の平均寿命が年々延びているのは、ドッグフードの高品質化や医療の発展が理由として考えれますが、室内飼育を中心とした犬の飼育に対する飼い主の意識の向上が大きな理由なのではないでしょうか。

・ギネスに載った世界最高年齢の犬
平均寿命がとても短い犬ではありますが、世界で最も長生きしたことでギネスに載ったオーストラリアンキャトルドッグは、29年5ヶ月という寿命をまっとうしたことで世界を驚かせました。
オーストラリア(ビクトリア州)で20年間の間、家族とともに牧羊犬として働いていたそうです。

犬の年齢を人間年齢で考えてみよう!

犬の年齢の数え方を中心にご紹介致しましたが、年齢の数え方は専門家によって見解が様々です。
今後もまた、犬の平均寿命が年々延びていくことなどが原因で年齢の数え方も変わってくるかと思いますが、犬の大体の人間年齢目安を知ることで、それぞれのライフステージに合わせた生活環境を整えてあげることができます。
個体差によって平均寿命は大きく異なりますが、愛犬のライフステージに合わせて運動量を調整したり食事に配慮。病気の予防に役立てることができるよう、目安として犬の年齢を人間年齢で知っておくと良いでしょう。